子供のころに夢中になっていたことに注目しよう

admin   2015年11月28日   子供のころに夢中になっていたことに注目しよう はコメントを受け付けていません。

寝る間を惜しんで没頭したことはありますか。

一日中ゲームをやっていて親に怒られたことってありますよね。そんなに没頭できるものそうはないです。子供のころに夢中になっていたものが才能のあることなんです。とことん没頭することをお勧めします。大人になった時とことん突き詰める力が求められます。暗記だけの勉強ではなく、物事を最後までやり抜く力が養われます。ゲームも悪いものではありません。しかし、体を壊すまでやってはいけません。休憩することも大事です。身体を壊すほどでなければとことんやってみましょう。

高校生になっても熱が冷めなければ本物

子供のころはものすごい集中力があるので夢中になれます。しかし、思春期になってくると色々な誘惑が多くなります。それでも、ゲームに興味があるのならやるだけではなく作ってみましょう。本でもいいので勉強してみましょう。作り手の気持ちもわかってより興味が湧いてくるでしょう。そうしたら、専門学校があります。本格的に現役ゲームクリエーターに教えてもらえます。独学では限界があります。プロの眼で作品を見てもらい批評してもらいましょう。

大学、社会人になってからゲームに興味を持った場合

子供の頃は夢中になれたゲーム、高校、大学、社会人とその世界離れていた人も何かのきっかけで再燃する場合があります。そんな時も専門学校です。初心者でも一からプログラムからプロのクリエーターに教えてもらえます。色々な経験を積んでいる方が斬新なゲームが作れます。子供ではない人たちをゲームの世界に引きずり込みましょう。今まで見たこともないようなゲームが出来ますよ。大人たちが夢中になれるゲームの誕生はもうすぐです。

ゲームの専門学校は、プログラマーや声優だけでなく、ゲームの脚本や会社を経営するための経営学も学べます。