ファイナンシャルプランナーの資格を確実に取得するための3つの勉強計画

admin   2016年5月24日   ファイナンシャルプランナーの資格を確実に取得するための3つの勉強計画 はコメントを受け付けていません。

自分に合った教材を自分の目で確認して買う

ファイナンシャルプランナーの勉強において、まず大切になるのが教材です。教材の使いやすさによって勉強の仕方が決まるので、選ぶ際は慎重さが必要です。ネット上の口コミ等で判断するのではなく、自分の目で見て判断することが大切です。分かりやすさやデザイン性で判断すると良いでしょう。自分に合ったものでなければ、勉強効率が悪くなります。効率性を良くするためにも自分で探しましょう。教材は、参考書と問題集の2冊を用意するkとおがオススメです。

基礎事項を徹底的に勉強する

ファイナンシャルプランナーには、各分野毎に基礎事項が盛りだくさんです。1つでも欠けてしまうと間違えて覚えてしまい、それが後につながってしまうので、確実に覚えなければなりません。また、計算問題を解くための公式が存在するのえ、それぞれに合った公式とその使い方をマスターしなければなりません。そのため、基礎事項をまずは徹底的に勉強しましょう。簡単な問題を解きつつ、何周も取り組むことで基礎事項が頭に叩き込まれ、人に説明できるレベルに仕上がります。

問題集と過去問で実践レベルに引き上げる

ファイナンシャルプランナーの基礎事項が頭に定着したら、最後の仕上げとして実践レベルに使えるようにしなければなりません。その方法としてオススメなのが、問題集や過去問を何周も解くことです。ファイナンシャルプランナーの資格試験で実際にどう出題されるのかを確認することができ、さらにどういう言い回しで出題されているのかを知ることができます。また、自分が覚えたことの確認にもなるので良いでしょう。より多くの問題を解くことが、実践レベルに達するためのコツなので、どんどんトライしていきましょう。

ファイナンシャルプランナーの講座では、主にお金のことについて学びます。顧客のためだけでなく自分のためにもお金についての勉強は重要です。